トリコモナスという性病をご存知ですか?性病は性行為で感染すると思われがちですが、トリコモナスは性行為をしなくても感染する可能性があります。注意すべき性病トリコモナスの感染経路や症状のほか、日本で感染者数の多い性病についても解説していきます。

  • ホーム
  • カンジダ菌は免疫力の低下で襲い掛かる

カンジダ菌は免疫力の低下で襲い掛かる

カンジダ菌とは体内に存在する真菌です。
これは健康な人の体の中にも存在しています。
そのカンジダ菌が何らかの原因によって異常繁殖することによりカンジダ膣炎を発症します。
カンジダ膣炎とは、女性の5人に1人が感染すると言われているポピュラーな病気です。

カンジダ膣炎の症状は、外陰部のかゆみと、おりものの変化です。
かゆみは我慢できないほどに激しく、ときには痛みや灼熱感を伴うこともあります。
性交痛を感じる人もいます。
おりものは白く濁り、カッテージチーズや酒粕のようなポロポロした状態になります。

カンジダ膣炎を発症してしまう原因にはなにがあるのでしょうか。
性病と勘違いされることの多いこの病気ですが、常在菌であるカンジダ菌が異常繁殖することによって発症するため、性病ではありません。
通常、膣内は、酸性に保たれています。
酸性はカンジダ菌が繁殖しにくいバランスの取れた環境といえます。
このバランスを崩す原因には何があるのでしょうか。

まず挙げられるのが、風邪、疲労、ストレスです。
風邪をひいたり、疲労、ストレスがたまると免疫力が下がります。
その結果、膣内の常在菌のバランスが崩れ異常繁殖の原因になります。

また、風邪をひくと、病院で抗生物質を処方されることもあるでしょう。
抗生物質を使用すると膣内でカンジダ菌と戦っている善玉菌まで殺してしまい、膣内のバランスが崩れてしまいやすくなります。

妊娠中もカンジダ膣炎を発症しやすくなります。
これは、妊娠中にはホルモンバランスが崩れることが原因です。
ホルモンバランスが崩れ、体調不良になりやすく、免疫力が低下してカンジダ膣炎を発症しやすくなります。
ほかにも、カンジダ菌は高温多湿の場所を好むため、デリケートゾーンの蒸れなどによっても引き起こされることがあります。

少しの体調の変化でカンジダ膣炎を発症してしまうことがあります。
気になる症状があらわれたら、早めに治療を始めるようにしましょう。

フォルカンでカンジダ菌の異常繁殖を防ごう

フォルカンはカンジダ膣炎の治療につかう抗真菌薬です。
「ダイフルカン」という抗真菌薬のジェネリック医薬品で、比較的安く手に入れることができます。
フォルカンは飲むタイプの治療薬で、使用方法は1日1回飲むだけで簡単です。

フォルカンには膣カンジダの治療のほかにも、女性器に潤いを与えることが期待できます。
フォルカンの効果として、真菌であるカンジダの炎症を抑えることが挙げられます。
ほかにも粘膜の状態を正常化し、かゆみ、においを抑え、膣分泌液を増加させるといったことが期待できます。
このような効果から、治療だけでなく、女性器に潤いを与える目的で使用されることもあります。

「フルコナゾール」はフォルカンの主成分です。
フルコナゾールには、カンジダ菌の殺菌と繁殖を抑制する効果があります。
これにより、膣や外陰部のかゆみ、おりものの異常を抑えることができるのです。

使用方法はいたって簡単です。
1日1回、1錠を水と一緒に服用してください。
服用期間は症状により異なりますが、軽度な場合は3~5日、症状がひどい場合は、2週間から1か月ほぼ飲み続ける必要があります。
完全に症状がおさまるまで飲み続けてください。

フォルカンは通販でしか手に入れることができません。
日本では現在取り扱いのない薬なので個人輸入することが必要です。
フォルカンはジェネリック医薬品で、比較的安く手に入れることができます。
1箱40錠入りで、約5000円です。
また、まとめ買いをするともっと安く手に入れることができるでしょう。

フォルカンを使用すると、病院に行くことなく、自分でカンジダの治療をすることができます。
副作用も少なく、用法用量を守ればだれでも簡単に服用することができます。
しかし、妊娠中の方はフォルカンを称することができないので注意が必要です。
フォルカンでカンジダ菌の異常繁殖を防ぐことを習慣にしてはいかがでしょうか。