トリコモナスという性病をご存知ですか?性病は性行為で感染すると思われがちですが、トリコモナスは性行為をしなくても感染する可能性があります。注意すべき性病トリコモナスの感染経路や症状のほか、日本で感染者数の多い性病についても解説していきます。

  • ホーム
  • クラミジアはジスロマックで治療しよう

クラミジアはジスロマックで治療しよう

クラミジアの治療でよく使われている治療薬はジスロマックです。
ジスロマックの主成分はアジスロマイシンで、マクロライド系の抗生物質です。

アジスロマイシンは病原菌であるタンパク質の合成を妨げてくれるので病原菌が増えるのを抑えられます。
クラミジアは二次感染率が高いですが、アジスロマイシンを高濃度投与すれば殺菌できます。
アジスロマイシンは血中に取り込まれると効果が長時間続くので、何日も続けて服用する必要がありません。

アジスロマイシンはアレルギー反応を起こすことが少ないので、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質に対してアレルギーがある人も服用できます。
副作用が少ないという特徴もあり、副作用が出たとしても下痢などの軽度なものです。
マクロライド系の抗生物質を服用して下痢の症状が出るのは仕方がないことです。

ですので、下痢の症状が出てもあまり心配する必要はありません。
ですが、胃腸の弱い人がジスロマックを服用すると下痢になりやすく症状がひどい場合があるので注意が必要です。
あまりにも症状がひどく長引く場合はすぐ医師に相談しましょう。

クラミジアの場合のジスロマックの使用方法は簡単です。
ジスロマックをアジスロマイシンとして1000mg、1回服用すれば、病原菌を一気に死滅させられるので約90%の確率で完治すると言われています。
胃腸の弱い人で下痢などの副作用が心配な場合は、ジスロマックをアジスロマイシンとして500mg、1日1回を3日間服用すればいいです。
クラミジアの治療はこれだけなので、あとは3週間程度様子を見て再発しないなら治療は終わりです。

飲むタイミングは特に決まっていません。
ですが、副作用で下痢や腹痛などの症状が出る場合があるので、食後2時間から3時間ぐらい間隔を空けて服用するのがいいです。
臓器にかかる負担をできるだけ減らすためにも、ぬるま湯と一緒に服用しましょう。
ジスロマックの正しい使用方法を守ればクラミジアを治療できます。

ジェネリック版のアジーでお手軽に治療しよう

ジスロマックは長い期間研究された末に開発された新しい薬です。
ですので、価格が高いというデメリットがあります。

そこでオススメなのがジスロマックのジェネリック医薬品のアジーです。
アジーはジスロマックと同じ主成分のアジスロマイシンが含まれているので同じ効果があります。
ジェネリック医薬品は同じ効果を得られますが、価格がとても安いので手軽に治療ができます。

ジスロマックやアジーの購入方法は病院処方だけではありません。
通販サイトを利用して購入する方法もあります。
簡単にジスロマックを通販サイトで購入できるので利用している人は多いです。

通販サイトをすれば病院よりも安く購入できますし、何よりも誰にも知られずに治療ができます。
クラミジアを病院で治療してもらうのは恥ずかしいと思っている人にとっては大きなメリットでしょう。
クラミジアは再感染する確率が高いので、感染を予防するためにもジスロマックやアジーをまとめて購入して常備しておくといいです。

ジスロマックやアジーは一般的な通販サイトでは取り扱っていません。
ですので、購入したい場合は海外の医薬品を取り扱っている個人輸入代行の通販サイトを利用しましょう。
個人輸入は薬事法の改正によって認められています。

薬を服用する本人が購入する場合は海外から輸入しても問題ないので安心して個人輸入代行の通販サイトを利用できます。
この方法で購入した物はどんな形でも人に渡してはいけないということを覚えておかないといけません。

個人輸入代行の通販サイトの使い方は一般的な通販サイトと変わらないので簡単に購入できます。
海外から発送されるので、届くのに1週間前後はかかります。
売り切れの場合もあるので早めに注文しましょう。