トリコモナスという性病をご存知ですか?性病は性行為で感染すると思われがちですが、トリコモナスは性行為をしなくても感染する可能性があります。注意すべき性病トリコモナスの感染経路や症状のほか、日本で感染者数の多い性病についても解説していきます。

  • ホーム
  • コンドームを使用してもかかる性病の感染経路とは?

コンドームを使用してもかかる性病の感染経路とは?

性器やその他の部分からウイルスを媒介する事で、性行為によって性病に感染するケースも増えています。
性病に感染しないために装着されるのがコンドームですが、コンドームを使用しても防ぎきれない性病は存在します。

性病と聞くと、性行為により発症するケースの多い感染症なので性器に対して注意しておけば大丈夫だと思われています。
しかし、性病は必ず性器にウイルスが存在するというわけではありません。
ウイルスは性行為中に相手の陰毛などにウイルスが付着していた場合、そのウイルスに接触してしまうだけで性感染症に感染するものもあります。
なので、性行為の途中に抜け落ちた陰毛などと接触してしまっても、多くの場合接触面に付着しているので、すぐに対応しなければいけません。

同様に、コンドームを付けてノーマルセックスなどを行っても、その際に接触するお尻や太ももという部分にウイルスが付着していた場合もほとんどが感染に繋がっていきます。
お尻や太ももはいくら性器に気を付けてコンドームを装着しても関係のない部分になってしまうので、対処も難しくなります。
これらの部位はよく洗う方も多いですが、性感染症のウイルスは表面を洗浄しても中々洗い落ちず、傷口が生まれると感染の手助けになってしまうので、心配であれば医者に診てもらいましょう。

また、性病は下半身からのみでなくウイルスを持った人とキスを行う事でも感染します。
キスをする時はほとんどの場合、唇と唇が触れ合ってしまいます。
この唇の部分にはウイルスが存在している事が多く、キスどころかこの部分に接触するだけでも感染の危険があります。

「性感染症はコンドームである程度予防できる」というのは間違いではありませんが、コンドームを感染症予防のメインツールに使用するのはとても理想的だとは言えません。
性感染症を予防するためには、性行為を行う相手に検査を受けてもらうか、自分でも定期的に検査を行っておく事で、パートナーや自分の性行為の事情を知る事が大切です。

コンドームは使用期限をしっかり守ろう

避妊具としても性感染症予防の道具としても使われるコンドームですが、コンドームには、しっかりとした使い方、成分に伴った使用期限が存在しています。
間違った使い方をしたり、使用期限を無視して使うと性器に悪影響を及ぼしてしまうので、理解した上で使用する事を心掛けます。

まず、コンドームには使用期限があり、その年数は製品によって異なります。
3、4年と短いものもありますが、基本的には5年程度が使用期限の相場です。

どんなコンドームでも、5年以上経つとゴムの部分が脆くなってしまい、破裂しやすくなってしまいます。
コンドームが破裂、破損してしまえばもちろんパートナーの女性器も傷んでしまうので、使用期限はしっかり守りましょう。
そして当然ですが、製品ごとに付属している説明書はしっかり読むようにしましょう。

また、使用期限の書かれていないものや説明書が付属していないものはコンドームの中ではジョーク品と呼ばれるもので、品質も不安定で悪徳な製品になっている事が多いです。
このジョーク品は一般的に1年程度しか持たない製品が多く、通常のコンドームと違ってJISの審査基準を満たしていないものばかりです。
購入する際は使用期限の確認などは忘れないようにし、ちゃんとした正規品を購入するようにして下さい。

コンドームの使用期限や使い方を守る事が出来れば、性行為をする際の危険性も減り、快適に性行為できるようになります。
コンドームを付けていても性感染症に感染するケースもありますが、コンドームには避妊などの効果もあるので、性行為には欠かせない必需品です。
コンドームを正しく使用し、なおかつ性感染症に対する対策や対処を行う事が出来れば、良い例となる性行為が出来るわけです。