トリコモナスという性病をご存知ですか?性病は性行為で感染すると思われがちですが、トリコモナスは性行為をしなくても感染する可能性があります。注意すべき性病トリコモナスの感染経路や症状のほか、日本で感染者数の多い性病についても解説していきます。

  • ホーム
  • ヘルペスにはバルトレックスが効果的です

ヘルペスにはバルトレックスが効果的です

ヘルペスウィルスは身体に帯状のような赤い発疹や水痘などが引き起こす病気です。
強い痛みやかゆみなどが特徴的で、人によって長ければ完治するのに1カ月ぐらいの期間が必要になります。
ヘルペスウィルスは帯状発疹などの原因になっていて子供の頃に水疱瘡にかかる人がいます。
水疱瘡もウイルス感染などによって起こる病気の一つで症状が出た後も原因であるウイルスは体内の神経節などに残っていることがあります。

ストレスや過労といった影響によって身体の免疫力がダウンすると、水疱瘡を起こしたウイルスが再活性することになり帯状疱疹を起こすことになるのです。
帯状疱疹などの治療に利用されるのがバルトレックス(バラシクロビル)で、バルトレックスはウイルスが原因で引き起こる口唇ヘルペスや性器ヘルペスといった治療などに使用されています。
ウイルス増殖を抑制する効果が高く水疱瘡や帯状疱疹などの薬としても人気です。
尚、バルトレックスはウイルス増殖を抑制する力があるのですが、ヘルペスウイルス自体を根本的になくす能力はありません。

つまりヘルペスウイルスが増殖する前に早めに服用をスタートしなければその効果を発揮することができません。
症状が出てから3日ぐらいするとウイルスは非常に増えてしまうので、少なくともそれよりも早い段階においてバルトレックスを飲み始めることが大切です。
帯状疱疹などの治療で利用されるバルトレックスは通常1日3回2錠ずつの服用が求められ、基本的に毎食後服用することになります。

安全・安心して服用することができる医薬品ですが、いくつか副作用があり人によっては頭痛や吐き気・下痢などの症状が出ることがあります。
医師から指定された使用方法を守っていると大丈夫ですが、もし気になるような副作用がでた場合医師に相談することをおすすめします。
幅広い世代の人が利用している医薬品で、効率良く短期間で不快な症状を改善することができます。

ジェネリック版のセントレックスでお手軽に治療しよう

セントレックスはヘルペスウィルス治療で処方されるバルトレックス(バラシクロビル)のジェネリック医薬品です。
先発医薬品であるバルトレックスの特許が切れた後、後発医薬として登場していて注目されています。
インドの製薬会社がリリースしていて、この会社は低価格で高品質な医薬品を取り扱っている会社なので信頼・信用することができます。
バルトレックスと同じ成分が含まれているので、効果も同じです。

ジェネリック医薬品なので格安で購入することができ、ヘルペスが再発するのを予防する目的でバルトレックスを利用している人にとってコストを軽減することができるのでおすすめです。
セントレックスの効果を発揮するのに自分がどのような症状なのか把握することからスタートします。

感染しているヘルペスウィルスの種類によってはセントレックスの使用方法が変わって来るでしょう。
広範囲にわたって現れている帯状疱疹などの治療の場合、セントレックス1,000mgを使って1回1錠服用しますが、ヘルペスが現れている場所や範囲などによって服用量が変更されます。

セントレックスはバルトレックスと同じくヘルペス治療薬の大元であるゾビラックスと比較すると吸収力が高くなっていて、副作用が比較的軽いなどの特徴があるので利用しやすいでしょう。
バルトレックスは世界中で服用されている人気の医薬品ですが、特許が切れたことによってジェネリック医薬品としてセントレックスが登場しました。
バルトレックスが保有するヘルペスウィルス治療薬としての効果や有効性などを引き継いでいるので、セントレックスを安全・安心して利用することができ比較的リーズナブルな価格で利用することが可能です。